いきなり浦和と!俊輔6・21横浜復帰戦

6・21浦和戦で7年ぶりの「横浜・俊輔」がお披露目されることになりそうだ。

セルティックの日本代表MF中村俊輔(30)の横浜復帰が決定的となり、6月21日の浦和戦(日産ス)が復帰初戦となる可能性が高くなった。横浜の斎藤正治社長(59)が19日、中村の代理人を務めるロベルト佃氏に対して16日に獲得の意思を伝えていたことを明かした。今後、条件面の交渉を行うことになるが、中村自身が横浜復帰を熱望しており、合意は時間の問題。6・21浦和戦で7年ぶりの「横浜・俊輔」がお披露目されることになりそうだ。  資金難からなかなか前に進まなかった横浜の中村獲得問題が、ようやく動いた。斎藤社長は16日に中村の代理人を務めるロベルト佃氏に電話をかけて獲得意思を伝えたことを認め、こう続けた。  「ぜひ、われわれの誠意を受け止めてもらって、帰って来てくれることを信じています」  年俸、契約年数など条件提示は一切なし。何が誠意なのかは難しいところだが「やっと会社としての方針を固めました」との言葉で、横浜なりの熱意と誠意を代理人に伝えたという。  中村は97年に横浜入りし、02年にセリエAのレジーナへ移籍。05年からプレーするセルティックでもエースに君臨している。横浜は昨年末にも復帰を打診したが、当時5億円とも言われる移籍金がネックとなり、破談。だが、今回はセルティックとの契約が満了するため、移籍金がかからない。あとは今季セルティックで推定2億円の年俸をどう捻出するかが焦点だったが、今オフに田中隼(名古屋)や大島(新潟)ら高年俸選手を大量放出。斎藤社長は「人件費をうまくコントロールしながら、企業体質をスリムにした」と胸を張った。  中村はセルティックでのリーグ戦を1試合(24日、ハーツ戦)残しており、26日の帰国後は日本代表への合流を控える。そのため、契約の成立は6月までズレ込む可能性が高いが、中村自身が横浜への7年ぶり復帰を望んでいるため交渉は順調に進むとみられる。セルティックの練習がオフだった19日、中村は「話は代理人からは聞いていない。今はリーグ戦だけに集中している。シーズンが終わってから、代理人と方向性について話し合う」と答えるにとどめた。  背番号は横浜の新人時代につけ、現在セルティックでも背負う25番が有力だ。すでに横浜サイドは中村の復帰戦をリーグ中断明けとなる6月21日の浦和戦とする方向で調整に着手。トリコロールのユニホームを身にまとう中村の姿が、浦和戦という最高のカードで見られそうだ。

高収入サイト 合コン情報サイト
裏バイト情報サイト
派遣・出張・ネット・ホストサイト
家出掲示板・家出サイト
ナンパ掲示板・ナンパサイト
風俗嬢・キャバクラ掲示板・風俗嬢・キャバクラ嬢・ヘルス嬢サイト
女子高生情報サイト
フェチ情報サイト
恋愛初心者・童貞サイト
【医療系サイト】
厳選情報ブログサイト
2style.net