2style.net

Memo






mixiをやっててなんだか面倒だなと思い始めて
時代に逆行するべくサイトを立ち上げました。
生存確認を兼ねて。




|| ABOUT | 電波Log | BBS | LINK ||



マクロミルへ登録


* 最近の電波 *


とうとう、携帯が停まったまま迎えてしまった私です。

いや〜、寒い、寒い!!




晩秋から年末にかけて親父とおかんのハマリ物だった焼き芋がどうも、術後の腹に悪かったらしく、28日に親父が入院。

昨日、喉に管を通して入り口・出口の穴を確保。
体の中に溜まりに溜まった廃棄物を出している状態です。



飯を喰うことに情熱をささげていた親父だから、娘としては早く良くなってまた美味しいシースーでも・・と思うのだが、そうやって甘やかしてきたせいで、調子に乗って術前と変わらない食事をしようとするのんとちゃうんか?と、おかんに窘められてしまった。



さすがになんかあるんじゃないかってんで、弟(デブ・最近おしゃれ付いてきた)と「親父もとうとう日ごろの悪行に倒れたか」と云う話をしていたら「僕も父さんも水星人だからね、今大殺界なんだよ。」って言うんで、細木ごときに親父の人生否定されてたまるかと調べてみた。



----------------------- 以下抜粋 -------------------------------



まず「大殺界」については、12年のうち3年間という長い期間が当てはまる。
さらに六星占術では、年運だけでなく、月運、日運もある。

試しに年と月だけで計算してみると、実に人生の43.75%(12年のうち5年3ヶ月)が大殺界になってしまう。
これに「中殺界」を加えると55.56%(12年のうち6年8ヶ月)、「小殺界」まで加えれば65.97%(12年のうち7年11ヶ月)が殺界に当てはまってしまうのだ。

さらに「日運」や「相性運」まで考慮に入れれば、70パーセントを超えることになるだろう。すると人生の7割以上が凶運期ということになってしまう。

これでは、異常に多く「当たり」が仕込まれたクジを引いているようなものである。
「なんかついてないな〜」と思って六星占術で占ったら、殺界にブチ当たるのも当然だろう。



(超常現象の謎解き:http://www.nazotoki.com/index.html)

----------------------------------------------------------------

・・・と云う事らしいよと、弟を説得。 二度と親父の前で細木の話はすんな!と凄むも、もう喋ってしまったらしく、明日のお見舞いがなんとなく気が重いです。



因みに、

*六占星術にみる家族の関係性

親父  水星人   ←「土」が「金」を生み、「金」が冷えて「水」
おかん 土星人     が生まれるという流れ 
小生  金星人
弟   水星人




*実際

親父  おかんに弱い      ←おかんの恐怖政治
おかん 雷に弱い
小生  おかん・・というか家族の中で一番弱い
弟   おかんに弱い








ええ、まぁそういうことで、2008年もよろしくお願いします。



© 2008 || 生存確認 || もやざき ALL RIGHTS RESERVED