とんでけ!らぶわーず!





こ ことばが繋がってくれない
い いつもそこに必ずあったやさしさを
じ 地雷を踏んだのはどっち
ゃ やんわりと拒んだそれは
な 涙に意味があるのなら
い いつまであたしは嘘をつくの


(でも、それは)恋じゃない



も もう世界をこの目に映す必要などない
の ノイズが孕む崩壊の兆し
く クライシス・マーチを黙らせろ!
ろ 朗報は来ない


モノクロ



あ 明日の夢を見る
ま 交わることのない欲望
い 威圧された心臓が求めたもの
ず ずるいのは誰
つ 冷たい気持ちの作り方
う 裏腹ロマンス


甘い頭痛


み 見えないふりして傷つけて
ず ずっと昔 生まれる前からすきでした
た たとえばの話をしよう
ま 待ちくたびれた死神
り 流星になりたい
に 二度と言わないからよく聴いてよ、
だ 誰かの、じゃなくて、きみの
い いつか世界に愛のうたがあふれる日が来たら
ぶ ブラックアウトにはまだ早い


水溜まりにダイブ! (Another diving)


ぴ ピーターパンになれなかったきみへ
の 呪われたくちびる
き きれいじゃないんだ
お 同じ嘘しか知らない


ピノキオ


み 三日月にブランコ

ず 随分遠くに霞んだ君に届け、と

た 足りない身長を補うようにして爪先にちからを込めて

ま まるごと抱きしめて同化させてくれたらいい

り 理由を話すくらいならキスをひとつちょうだい

に 睨みつけた携帯電話(はやく、はやくその声を、)

だ だから恋い焦がれるのです

い 未だに辿り着けない左手

ぶ 不恰好な恋のかたち



水溜まりにダイブ!


き 気づかない振りしてあなたを視界から排除していたのは、

っ 掴んで離さないようにしていたのは、

と 遠回りしてでも一緒にいようとしたのは、

き キスを拒みつづけたのは、

ず ずきんとするほど心が痛んだのは、

つ 爪をその綺麗な背中に立ててみたのは、

け 蹴落とすように傷つけたのは、

て 手を繋ごうとしなかったのは、

ほ 仄かに赤らんだ顔を背けたのは、

し 死ぬなんて言ってみたのは、

か 簡単にあなたの物になってみたのは、

っ 翼をわざと折ったのは、

た 単純な言葉ばかり選んで想いを伝えたのは、



きっと傷つけて欲しかった





(から、だよ)



た 例えば、なんて取りとめもない話をするとき

め 目の奥の涙腺が緩むのを感じたとき

い 言えない想いがまたひとつ増えたとき

き 聞こえないきみの声を聴きたいと思ってしまうとき

を 面影を重ねてしまうとき

つ 掴んだその手の美しさを目にするとき

く 屈託のない笑顔に魅入られるとき



溜め息をつくその瞬間


さ 催眠状態を解き放て

い いくつもの道を閉ざした神に手を振って

は 図らずとも動き出すすべて

な 涙でいっぱいのグラスをひっくり返した

げ ゲーム・オン・ザ・ワールド

ら 雷鳴さえも聞こえないくらいの爆音を

れ 冷凍ハンズ

た ただし死んだらゲームオーバー



賽は投げられた


も もう致死量はとっくに超えてる

る ルビー色した消毒液の海に沈む

ひ 干上がる血液

ね 眠るように さよなら



モルヒネ


か 噛みしめたちいさなしあわせも、

ぎ ギャンブルみたいな恋も、

り 理由もなくすきだと叫べたあの日も、

あ あたたかさに目を細めた瞬間も、

る 瑠璃色のあなたの瞳も、

せ 世界を臆せず愛せた昨日のわたしも、

か 感覚が麻痺するような幸福も、

い 色にあふれた毎日も、

が ガラスの向こうに滲む月も、

に 虹の架かった蒼い蒼い空も、

く 唇からこぼれ落ちた沢山の言葉も、

い いとしいと想うこの感情も、



限りある世界が憎い!


い いまに肌が白さを増してゆく

き 気が狂うほど叫んだのに

た 体温が消える

え 笑顔のままさよなら(なんて、できるわけが、)

た たぶん生まれ変わっても出遭ってしまう



息絶えた、


け 結局殺されるのだから同じことかもしれないけれど

い いまに空から星が降ってくるよ

こ 弧を描いて地に落ちる

く くだらない未来予想はやめましょうか



警告


す 少なくとも夜眠れないくらい

き 効かないおまじないに頼るくらい

だ 騙されても構わないくらい

よ 世の中のすべてのものがきみ以上に色づくことが出来ないくらい



(すきだよ、)


い 言い尽くせない愛のことばをすこしでも

ま 麻薬みたいなんだ、きみ

あ あの声でわたしの聴神経をふるわせて

い 息が詰まるほど抱きしめてあげるから

た 退屈を蹴飛ばしてよ

い いますぐ、でないと他の人をすきになるよ



いまあいたい


ら 来世でまた、

す すべてをあいしていました

と 時が止まれば善いのにね

わ 笑って やっぱり泣いて

ー ありがとう、ごめんね、さようなら

ど どうもあたしはここまでみたい



ラストワード


ゆ ゆがんだ心をそっと伸ばして

び ビタミン剤を大量摂取

さ さよなら、と手を振って

き きみに触れられるのならそれだけが存在意義



指先


ゆ 揺らいだ真実

め 目を閉じるその行為こそが既に諦め

を 大昔の恋人達の真似事

み ミニチュアの空壊して、

た たくさんの虚無を残して溶けゆくすべて



ゆめをみた


お 愚かなわたしたちを見下ろして

つ 強がりを見透かすひかり

き きいて、ねがいごと

さ サーチライトに霞んだ

ま また明日 やさしく照らして



お月さま
[AD] JobGameDietFashionTravelAppShoppingpicpic.jp 2style.net